FC2ブログ










フォトキナの年に恒例の噂 

今年はフォトキナの年だからなのか、ライカM9の噂がちらほらと巷をかけめぐっているようで。どうもフィルムカメラではなくデジタルカメラらしい、あくまで噂にすぎないけど。しかもどうやらイメージセンサーを一新するらしい。個人的にはライカには興味などないのだが、APS-Hサイズ相当のイメージセンサーのサイズを変更するのかどうか、ちょっと気になる。フルサイズを期待する向きもいるようだが、フルサイズならフィルムのままでもいいのでは、などと思う今日この頃。レンジファインダーデジタルカメラをフルサイズにする意味ってあるのかいな?一眼レフならフルサイズでもいいとは思うけど、レンジファインダーってピントを合わせるのは画面中心の1点しかないからな。フルサイズだと絞りを開けて撮影した時、コサイン誤差を修正できないから、深度がいくらか稼げるAPS-Hサイズ相当のほうが有利なのでは。でも、たいして変わらんような気もするが。ただ、M型ライカの交換レンズは一眼レフの交換レンズと比べてバックフォーカスがはるかに短いので、M型ライカでフルサイズを可能にするマイクロレンズの技術が確立できれば、現行のどの一眼レフでも、フォーサーズを含めて、フルサイズになるはずだから、ライカM9がフルサイズデジタルであるならば、技術的には面白いといえる。まあフォーサーズがフルサイズになるのは、フォーサーズの意味がなくなるので、ありえないことだが。フォーサーズなのはイメージセンサーのサイズだから、さ。
スポンサーサイト



[ 2008/04/16 22:59 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

どこまでホントなの? 

Digital Photography Reviewの掲示板にニコンD3の噂がアップされていますた。
最初の投稿者はニコンD3が8月に登場、3000ドル (;゜゜)ナヌ? 1800万画素超、1.1倍センサー搭載と書き込んでいるのだけれど、すぐに価格は6000ドル、今秋にソニーが同じセンサーを搭載した新型機を投入と訂正していたりして、タイプミスにしてもどこか怪しさ爆発って感じがしないでもない。

そういえば数日前CNET News.comがニコンD3 の噂を総括した記事をアップしていたのを思い出した。Digital Photography Reviewの掲示板での噂などを紹介した上でニコンからは一切のコメントなしということで、噂は信頼性に欠けると注意を促す形でまとめていた。

あてとふんどし、向こうからはずれるなんていいますからね。あまり期待しないで待っているのが一番いいのかもね。
[ 2007/06/12 23:24 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

ニコンD3Xは5月? 

いろいろな噂が出てきては消えていく、ニコンのフルサイズデジタル一眼レフの噂。3月5日に発表されるなんていうガセネタも最近はありましたな。で、一番新しいと思われるのがニコンD3Xが5月に発表されるという噂。1640万画素でフルサイズ、秒10コマというスペックが個人的には目を引く。秒10コマなんてのは使うわけもないからどうでもいいけれど、1640万画素ってのがびみょーにリアル感あり。今までニコンのフルサイズデジタル一眼レフの噂に上がっていた画素数って2000万画素クラスかそれ以上だったわけ。それも期待を込めたユーザーの心理としてはわかりますよ。でもいくらプロ仕様のフラッグシップとはいえ、値ごろ感てのは重要だと思うのですよ。例えばニコンD40。ゴミ取り機能がナイ、手ブレ補正がナイ、AF使えるレンズが少ナイ、1000万画素ではナイのナイナイづくしでもあれだけヒットしたのは、ズバリ値ごろ感があるからではないのでしょうか。それはプロ仕様機でも大切なことだと思うのです。実際プロカメラマンでもキヤノンEOS-1Ds Mark ||ではなくEOS-5D、ニコンD2XsではなくD200を使っている例がかなりあるわけで、それって値ごろ感にあるのでは、とニャントニオは勝手に思っているのです。もちろん性能的には1000万画素でも仕事には充分使えるっていう理由があるのでしょうけど。
仮にニコンD3Xが噂どおり1640万画素だとして、実売価格が40~50万円程度になるのだとすれば、ニコンに乗り換えるプロカメラマンも結構いるのでは。
[ 2007/03/14 22:49 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(3)

ソニーの新型デジタル一眼レフ 

ソニーが新型デジタル一眼レフのテストしているという噂がある。場所はオーストラリアのメルボルンらしい。その様子を見た人によれば、サイズはかなりの大きさでニコンD2Xに良く似たフォルムで縦位置グリップ付だったそうだ。ソニーもいよいよ高級機に進出してくるということなのでしょうかね。まあ、ZAレンズや35ミリF1.4をフルに活かすにはα100のファインダーではモノ足りないのは確かであるし、デジタル一眼レフのラインナップがα100だけなのは正直キツいだろう。ソニーのデジタル一眼レフのフラッグシップたるべき高級機の登場が待たれるのはいうまでもない。個人的な希望を言ってしまえば、フルサイズデジタルでミノルタα9並のファインダーを搭載、手ブレ補正はあってもなくてもいい。そんなデジタル一眼レフだといいんだけどな。マジに欲しいぞ、ホント。
[ 2007/01/05 00:16 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

ニッコールレンズのロードマップ? 

bythom.comというサイトの記事はニコンレンズのロードマップを考察するような内容でちょっと興味をひく。APS-Cサイズ専用レンズには14本の候補、フルサイズ対応レンズには16本の候補が挙げられていいる。記事中ではニコンのフルサイズデジタルは2007年に登場としているのだが、D3HはAPS-Cサイズのままで、D3Xがフルサイズになると推測している。それはさておき、ここで挙げられているレンズの候補の中には目をひくレンズがいくつかある。

30ミリF1.4 AF-S DX
60ミリF1.4 VR AF-S DX
28ミリF1.4 AF-S
35ミリF1.4 AF-S
50ミリF1.2 AF-S
85ミリF1.4 VR AF-S
180ミリF2.8 VR AF-S Micro

単焦点レンズが好みなので、単焦点レンズにばかり目が向いてしまうのだけれど、35ミリF1.4 AF-Sと50ミリF1.2 AF-Sはちょっとどうかなって感じがしてしまうなあ。35ミリF1.4 AF-Sはあまり需要がないような気もするし、50ミリF1.2 AF-Sはかなりデカくなってしまわないだろうか。MFの35ミリF1.4と50ミリF1.2がかなりコンパクトにできているだけにかなりキビしいかなって思うよ。
[ 2006/12/17 23:25 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

ケータイ付デジタル一眼レフ? 

All Day I Dream About Photographyの記事に面白い記事ハケーン、なんとカメラ付ケータイならぬケータイ付デジタル一眼レフカメラ(;゜∀゜)=3スゲー
まあ、シャレで作った合成画像なのはわかっちゃいるが、発想としてはなかなか面白い。キヤノンEOS KissデジタルとEOS 1Dの背面画像にケータイのボタンの画像を合成しただけなんだけど、ネタとしてはまあ、楽しめるかな。だいたいこの位置にケータイ埋め込んだらメディアスロットが使えなくなるでしょうが。ケータイは非現実的だとは思うが、この位置にテンキーかファンクションキーを配置して、コマンドで特定の機能を呼び出すのはアリかもな。メチャクチャ使いにくそうだけど。
ケータイが時代の最先端を行っているように感じてしまうから、こういう画像を思い付いたりするんだろうな。そういえばその昔キヤノンEOS 10にはバーコードをピッとなぞるだけで露光モードを切り替える機能があったなあ。あれもバーコードをなぞるというのがいかにも最先端ぽいから、バーコードだったんだろうな、きっと。ビデオデッキでもあったな、バーコードをなぞって録画予約するやつ。あれはパナソニックだったかな。
[ 2006/12/14 01:12 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

キヤノンA-1思い出しました 

Digital Photography Journalの記事にキヤノン5D後継機に関する情報がアップされていた。

その情報によると
EOS 5D 後継機 - 上級版 (EOS 3D)
・1600万画素
・ISO 6400、12800までブースト可能
・DIGIC III
・AFポイント増、視線入力があるかも
・秒間5コマ
・ゴミ除去機構
・現行5Dより高価

EOS 5D 後継機 - 普及版 (EOS 5D Mk II)
・1200万画素
・ISO 6400、12800までブースト可能
・DIGIC III
・秒間5コマ
・ゴミ除去機構
・現行5Dよりわずかに安価か同等

なのだそうだ。EOS5Dの上級モデルになるとされるEOS 3DのAFモジュールが現行の5Dよりも高性能なものが搭載されるとしても、視線入力はあまり可能性としてないような気がする。だって使いにくいんだもの、視線入力って。AFポイントが増えるとしてもEOS 1Dと同じモジュールを使うのではないだろうか。それらは、まあ個人的にはどうでもいいのだけれど、ISO12800までの感度設定というのはどうなんだろ。その昔キヤノンA-1の感度設定が最高ASA(ISOと同じ)12800までだった。当時は「意味ねー」なんて思っていました。そんなに増感しないって、普通。粒子ざらざらになるの目に見えてるもん。でもデジタルだとどうなるんだろうか。ノイズ出まくりで使い物にならんような。
[ 2006/12/12 19:55 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

シンプルニコン再び 

ネットを徘徊していたら、ニコンD40の画像を発見してしまいました。D50の後継機?それとも新機種?どちらでもいいのだけど、注目すべきはその大きさ、D50よりも一回り小さく、フォトキナ2006で発表されたオリンパスE-400とほぼ同じ。画素数は600万画素のようではあるものの、小型で使い勝手がなかなかよさげな感じ。ニャントニオは最初の一眼レフがペトリMF-1であったし、長らくオリンパスOM-2、OM-4Tiを使っていたので、小型軽量一眼レフが好きなのだ。ニコンF1ケタシリーズやキヤノンEOS 1系のような満干全席的な大鑑巨砲主義一眼レフも大好きではあるけど、気軽に撮影するなら小型軽量がいい。今ではニコンをメインにしているのだが、最初に使ったニコンというと実はニコンEMだったりする。ニコンEMというのはニコンが初めて発売したカメラ市場を意識したコンシューマー機種といっていい。それ以前にもニコマートとかあるにはあったが、位置付け的には中級機といっていいような一眼レフだったから、EMとはかなり違うような気がする。ニコンEMは絞り優先AEのみのシンプルなカメラだった。露出補正すらプラス1.5EVしかなかった。しかし、こういうシンプル過ぎるカメラは日本ではウケが悪い。だけど、ニャントニオはこのカメラが好きだった。気軽に撮るにはこれほど優れたカメラは他にはなかなかない。露出にはやや不安があるかもしれないが、ニコンEMの中央重点測光は意外にアタるからかなり実用になる。ネガカラーに限った話だが。ニコンEMのようなシンプルなカメラは、それを考慮したうえで使うのが本来の姿だと思うのだ。
D40の予想スペックを見ながら、こんなことを思い浮かべてしまったのは、このカメラがニコンEMのように気軽に使えそうに感じてしまったからに他ならない。D40に18~200ミリレンズを付けて気軽にスナップ撮影するのはなかなか楽しそうだ。ニコンEMのキャッチコピーは「シンプルニコン」、D40にふさわしいのは「シンプルデジタルニコン」、そんな気がしません?
[ 2006/11/04 00:59 ] デジカメの噂 | TB(1) | CM(1)

FinePix S5 PRO、10月25日に詳細発表? 

富士フイルムのFinePix S5 PROの詳細が10月25日に発表されるのだとか。
すでに9月25日に発表されてるんだけどな。確かに詳細なスペックと価格は明らかになっていないけど。だいたいの見当はつくと思うのだが。ボディーのベースはどう見てもニコンD200だもの。シャッター関連や露出制御関連のメカパーツだけD80なんてことはありえないだろうから、カメラとしてのスペックはD200とほぼ同じだと思って間違いはないだろう。撮像素子についても富士フイルムオリジナルのスーパーCCDハニカムSRであることは発表済み。だからこのウワサが正しいとして、10月25日に発表されるのは価格と販売時期ということではないだろうか。
FinePix S5 PROに関して、ニャントニオが個人的に興味深く思うのは、有効画素数がFinePix S3 PROと同じということ。スーパーCCDハニカムSRは他社の撮像素子とは構造的に異なるので、同じくくりで語るのはおかしいのかもしれないが、有効画素数を変えていないというところに富士フイルムなりにAPS-Cサイズのデジタル一眼レフの限界を想定しているような気がする。多分これ以上に画素数をアップしても大幅な画質向上にはつながらないと判断しているのではないだろうか。APS-Cサイズ(富士フイルムは23.0×15.5ミリ)で最大4256×2848ピクセルというとレンズに要求される解像力は1ミリあたり90本以上にもなる。画面平均で1ミリあたり90本以上ともなると、ほぼ最高性能を持つレンズでなければ、その要求に応えることは難しいといってもよい。今まで以上に画質の向上を目指すならAPS-Cサイズで画素数アップは事実上無意味であり、それよりも色彩表現やラチチュードの改良を目指す方向に向けたほうが画質アップにつながると判断しているのだろう。そして、それ以上のさらなる画質向上をはかるならフルサイズデジタルでなければ無理だという判断があるようにも思われてならない。個人的にはシグマSD14やDP1と並んでFinePix S5 PROは気になる存在なのです。
[ 2006/10/05 23:59 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

ソニーのフルサイズデジタル 

ソニーのフルサイズデジタルに関する噂がちらほらとネット上に出始めている模様。それらをニャントニオなりに総合すると、

コニカミノルタα-7Dの後継機として開発されている。

キヤノンEOS 5Dクラスの性能を持つ。

EOS 5Dよりも安価で高画質。

といったところであるようだ。なるほど。
撮像素子がCCDかCMOSになるのかなど不明なところは多々あるものの、ソニーがフルサイズデジタルを投入すれば、他社(とくにニコン)のフルサイズデジタルもまた大いに期待できるので、現状ではキヤノンが独占状態にあるフルサイズデジタルに風穴をあけることになりそうな気がする。ソニーがフルサイズデジタルに進出するのは、ほぼ確実だろう。これは疑う余地がないといえる。αレンズの多くがフルサイズ対応というのも一つの理由だけど、ニャントニオが、フルサイズデジタルに進出するのがほぼ確実だと思うのは、16ミリF2.8フィッシュアイレンズの存在。他のレンズはフルサイズで使おうが、APS-Cサイズで使おうが、画角が変わるだけなのに対して、このレンズだけはフルサイズでないと意味がない。APS-Cサイズだと35ミリ換算で24ミリ相当の広角レンズにしかならんでしょ。フィッシュアイレンズっていうのは画角が180度であることに意味があるのであって、それが広角レンズにしかならないとしたら、ラインナップに加える必要性が全くない。そう考えるとソニーがフルサイズデジタル機を発表するのは時間の問題としかいいようがない。
個人的な希望をいうと、ソニー初のフルサイズデジタル機はミノルタα-9のデジタル版ならいいんだけど。
[ 2006/09/12 23:27 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)