FC2ブログ










フォトキナの年に恒例の噂 

今年はフォトキナの年だからなのか、ライカM9の噂がちらほらと巷をかけめぐっているようで。どうもフィルムカメラではなくデジタルカメラらしい、あくまで噂にすぎないけど。しかもどうやらイメージセンサーを一新するらしい。個人的にはライカには興味などないのだが、APS-Hサイズ相当のイメージセンサーのサイズを変更するのかどうか、ちょっと気になる。フルサイズを期待する向きもいるようだが、フルサイズならフィルムのままでもいいのでは、などと思う今日この頃。レンジファインダーデジタルカメラをフルサイズにする意味ってあるのかいな?一眼レフならフルサイズでもいいとは思うけど、レンジファインダーってピントを合わせるのは画面中心の1点しかないからな。フルサイズだと絞りを開けて撮影した時、コサイン誤差を修正できないから、深度がいくらか稼げるAPS-Hサイズ相当のほうが有利なのでは。でも、たいして変わらんような気もするが。ただ、M型ライカの交換レンズは一眼レフの交換レンズと比べてバックフォーカスがはるかに短いので、M型ライカでフルサイズを可能にするマイクロレンズの技術が確立できれば、現行のどの一眼レフでも、フォーサーズを含めて、フルサイズになるはずだから、ライカM9がフルサイズデジタルであるならば、技術的には面白いといえる。まあフォーサーズがフルサイズになるのは、フォーサーズの意味がなくなるので、ありえないことだが。フォーサーズなのはイメージセンサーのサイズだから、さ。
スポンサーサイト



[ 2008/04/16 22:59 ] デジカメの噂 | TB(0) | CM(0)

ツァイスでさえレンズ内モーターの時代 

AFレンズはモーター内蔵へとなりつつある。四半世紀前ヤシカがコンタックスブランドの本格的な35ミリAF一眼レフの試作機を発表した時にはボディにモーターを内蔵していた。この時発表されたコンタックスAF一眼レフはヤシカの社内事情により実用化が見送られてしまったが、1985年に登場したミノルタα-7000はコンタックスAF一眼レフと同様ボディにモーターを内蔵し、レンズを駆動する方式だった。その後ニコン、オリンパス、ペンタックス、京セラがミノルタα-7000と同様にボディ内モーター駆動方式を採用したけれど、キヤノンはEOS650でレンズ内モーター駆動方式を採用するとともに、当時としては先進的な超音波モーターを一部のレンズで採用していた。ボディ内モーター駆動方式はレンズ設計に制約が少ないなどの点では、有利な一面もあるが、レンズごとにモーターにかかる負荷が異なるので、AF性能の向上という点ではハッキリいって不利でもある。各社のAF一眼レフが出揃った頃、「AFはボディー内モーター駆動か、レンズ内モーター駆動か」という論争が起きたものだが、デジタル一眼レフの現在を鑑みるにレンズ内モーター駆動へとシフトしつつあるのは間違いない。モーターの小型化、レンズ設計技術の進歩、それらがレンズ内モーター駆動を主流としたのだろう。キヤノンのEOSシステムにはいかに先見性があったかということだろう。
[ 2008/04/03 23:59 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)

今年はフォトキナの年だから… 

2008年ももはや4月。年をとると月日に経つのが早いような気がするのは誰でもそうなのかもしれないけど、今年の上半期はエントリークラスのデジタル一眼レフとライブビューの競争が熾烈となりそうな予感。というよりも実際に各社のシェア争いが熾烈を極めているわけだが、これからゴールデンウィークの時期を過ぎ、下半期になると、フルサイズ一眼レフ競争が始まりそうな気がしてくる。ソニーからαシリーズのフラッグシップ機が登場して来るのはほぼ確実だろう。名称はα900となるかどうか今のところ不明だが、ミノルタから続くαシリーズであるからしてフラッグシップには、個人的には3ケタでなく1ケタのほうがいいと思うんだけどな。ソニーα9ではミノルタα9と区別がつかなくなりそうだが。
キヤノンもEOS5Dの後継機種を投入してきそうな感じがする。EOS5Dも2005年の登場だから、フィルム時代ならまだ古さを感じないのだろうが、フラッグシップでさえ3~4年でモデルチェンジしてしまうデジタル時代にあっては、商品力が弱くなってきていると思う。EOS5D後継機種だが、画素数アップは当然あるだろう。ボディサイズと重量、そしてプライスパフォーマンスとのバランスがあるだろうから、連写速度がどうなるかがちょっと見物だ。
残るはニコンの出方だろう。すでにD300の上位機種がフルサイズになるという噂がある。D3を小型化してスペックダウンしてくる可能性が高いように思われるけれど、どうなるかはハッキリいってわからない。それからD3の高画素バージョン(D3X?)もかなり現実味があるはずだ。
今年はフォトキナの年である。夏から秋にかけてフルサイズ競争が始まりそうな予感がすると思うのは考え過ぎか。
[ 2008/04/01 23:59 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)