FC2ブログ










四半世紀 

オリンパスペン50周年、ゼンザブロニカ50周年、ニコンF50周年、などなど意外なことに2009年はカメラの世界ではアニバーサリーイヤーなのですが、まだまだアニバーサリーがありました。
アナログカメラ「LOMO LC-A」、25歳のバースデー

そうか、LOMOもすでに四半世紀の歴史があるのですね。そういえばlomographyなんてのを初めて耳にしたのはちょうど日本がバブル真っ盛りの頃だったような気が…。
LOMOはロシアオリジナルではなく、日本のコシナが30年ほど昔に製造していたCT-1というコンパクトカメラをコピーしたというのは有名な話。当時はロシアではなくソ連の時代だったわけで、正式なライセンス品でなく違法コピーにして、バチモン。正規のライセンス品だったら、これほど長く親しまれるカメラとなっていたかどうか。きっとなってないでしょうね。普通によく写るコンパクトカメラでしかないですから。

旧ソ連には他にも違法コピーカメラがありまして、よく知られたところでは、ハッセルブラッドをコピーしたキエフとかバルナック型ライカコピーのフェドなどなど、どちらかといえばバチモンとしての扱いしか受けていないそれらのカメラに比べると、LOMOはなんて幸せなカメラでしょう。

25年前といえば、AFコンパクトカメラが当たり前になりつつある時代、AF一眼レフはいろいろと試行錯誤の時期を経て決定版たるミノルタα7000が登場したのが翌1985年。
そういえば、LOMOってまだ造っているんでしたっけ。だとしたら世界一のロングセラーカメラかもしれないな。
スポンサーサイト



[ 2009/06/25 23:22 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)

歪みはソフトウエアで直す時代 

マイクロフォーサーズはフォーサーズのフランジバックを短くし、マウント内径も小さくしたという規格ではないようです。オリンパスペンE-P1にはレンズ収差を補正する機能を備えていて、異なるメーカー同士の組み合わせでもキチンと補正される。
コンパクトデジタルでは恐らく多くの機種が同様の補正機能を備えていると思われているのだけれど、レンズ交換式ではマイクロフォーサーズが初めてかもしれない。恐らく規格の中にはレンズ収差の情報をやりとりすることも含まれているのでしょう。他社とは違い、デジタル専用マウントならではとでもいうべきだろう。交換レンズを小型化したいという理由もあったのかもしれないし、レンズのコストダウンも理由かもしれない。それはともかく、デジタルならではのメリットといえるのかな。
「写真はレンズで決まる」とか「ニッコールの切れ味」とか「鷹の目ロッコール」とか、ややもすると宗教的というか信仰にも近いような面がレンズにはあったようにも思われるのだけれど、これからはソフトウエアの時代なんでしょうかね。一抹の寂しさもないわけではないのですが。
[ 2009/06/24 23:09 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)

All or Nothing 

xDピクチャーカードもいよいよ消える運命にあるんでしょうか。6月16日発表のオリンパスペンE-P1はxDピクチャーカードピクチャーカードには対応していませんし、フジFinePix Z300でもxDピクチャーカードが使えなくなりました。確かに家電量販店やパソコンショップなどでもSD/SDHCカードやCFカードは豊富に品揃えしていたのに対し、xDピクチャーカードやメモリースティックなどはあっても売り場の片隅に追いやられているというケースが多かったように思います。店によっては扱っていないなんてこともありましたし、仕方がないのかな。
[ 2009/06/22 23:08 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)

猛禽類復活? 

187機で生産終了となるF22の生産が復活する可能性が出てきたのだとか。
アメリカ議会下院軍事委員会が、雇用確保を理由とした生産継続を求める業界からの要望に配慮して、12機の追加調達に必要な費用の約3億7000万ドルを増額した予算案を可決したそうだ。また、上院もF22の輸出仕様機の開発に必要な調査費を含む2009年度補正予算を可決したという。

ほとんど絶望的だったF22が航空自衛隊の次期主力戦闘機になる可能性が何%か、まだまだ残っているのかもしれませんな。オバマ大統領が拒否権を行使しなければの話ですけど。もしそうなったとして、輸出仕様機の開発が順調に進んだとしても、スペックダウンは確実であるからして、結果的には米軍仕様のF22とは似て非なるものになったりなんかして。ラプター(猛禽類)じゃなくなるかもね。
[ 2009/06/21 23:38 ] その他なんでも | TB(0) | CM(0)

アテナ復活 

カンパニヨーロからスーパーレコード、レコード、コーラスの下のグレードになる11Sコンポのアテナがちらほら日本にも入荷し初めている模様。
今までの11Sコンポがカーボンまみれだったのに比べて、アルミを多用しているところが非常によろしい。ただ、エルゴパワーがカーボンしかないのは何故なの?アルミで統一してもよかったのでは。クランクはカーボンバージョンとアルミバージョンがあるのだから、エルゴパワーも両方ラインナップしてほしかったようにも思うぞ。スプロケットやチェーンはアテナグレードにはラインナップされていないので、コーラスなりレコードなり上位グレードのものを組み合わせる必要があるので、多少高くはなりそうだけれど、定価で12~13万円台程度になりそうで、コストパフォーマンスも高いような気がする。これでアルミの仕上げがかつてのレコード並だったりしたら、思いっきりお買い得じゃないの。
[ 2009/06/18 01:33 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

似てなくはないけれど 

オリンパスからマイクロフォーサーズの初号機「PEN E-P1」が発表されました。
オリンパスペン発売50周年スペシャルコンテンツはこのための布石だったのね。パナソニックのマイクロフォーサーズ機がどことなく一眼レフを思わせるデザインなのに、オリンパスはコンパクトカメラ(フィルムの)をイメージさせるデザイン。光学ファインダーはもちろん、EVFもないので、フレーミングは液晶モニタで確認するというのはどういうものでしょうか。コンパクトデジカメからカメラ体験が始まったユーザーには違和感がないでしょうが。

まあ、確かにペンFやFTあたりの面影が感じられなくはないけれど、個人的にはデジタル版“コーワSW”に見えてくる気がしないでもない。
[ 2009/06/17 00:13 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)

何度見ても笑えるキャラキング 

公式ホームページはテレビ朝日のサイト内にあるというのに、テレビ朝日ではレギュラー放送ではなく、不定期にしか放送していない摩訶不思議な番組「キャラキング」。テレ朝チャンネルでは現在放送中ですけど。
一番面白いのは「ザ・ハーツ」のような気もするのだが、自分がお気に入りなのは「迷惑親子」。一切喋らず淡々と父親(イワイガワジョニ男)の頭をお盆でひっぱたく娘(朝倉えりか)が妙に気になるキャラなのですよ。
あまりにバカバカしい「セクシー将棋」も好きだが。
[ 2009/06/05 23:56 ] テレビ、映画の話 | TB(0) | CM(0)

キヤノンデミデジタル?いえビビターです 

オリンパスペンが発売50周年だから、というわけでもないのでしょうけれど、キヤノンデミによく似たデジカメがビビターから発表されたのだとか。ちなみにこれ
赤い革張りといい、ボディ正面のブランドロゴの感じとか、ホント良く似ている。ファインダーはライカっぽい気がするが。

こういうデジタルカメラが商品として成立してしまうのは、カメラというものに対してユーザーが持っているイメージのせいなんでしょうか。コンパクトデジカメも“高級”なタイプはフィルムカメラっぽいものが多いし、デジタル一眼レフに至っては、裏蓋がないのと背面に液晶モニターがあるのを除くと、35ミリ一眼レフと何ら変わらないデザインばかりだし。
デジタルカメラ、とくにコンパクトデジカメのデザインが行き詰まっているような感がする今、60~70年代のコンパクトカメラをデザインモチーフにしてみると、意外にウケるように思うのですが。例えば、キヤノネットとか、ジャスピンコニカとか、オリンパスXAとか。
[ 2009/06/03 23:05 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(0)