FC2ブログ










こんなところにニッコール 

昨日のフジテレビ系「ベストハウス123」で紹介されていた“ものスゴいカメラ ベスト3”の中に気になるカメラがあったのですよ。それは第2位になった超高速度カメラHPV-1。なんと毎秒100万コマの撮影が可能なスーパースローカメラなんですと。その性能もスゴいのだが、目に留まったのはそこじゃないんだな、実は。このカメラのレンズがニコンFマウントレンズだったこと、それについつい注目してしまったというわけ。こういった特殊なカメラにはそれ専用のレンズを使いそうなものだが、使っているのはニコンの一眼レフユーザーなら誰でも使っていそうなニッコールレンズだというのが興味深い。でもなぜニッコールレンズなんだろ。キヤノンでもなく、オリンパスでもなく、ペンタックスでもなく、ソニーでもなく、ライカでもなく、ツァイスでもなく(ZFレンズは使えるだろうが)、なぜかニコンFマウント。なぞだ。
スポンサーサイト



[ 2008/05/29 23:54 ] カメラ、写真のネタ | TB(0) | CM(1)

特殊な用途のカメラというものは、売れる数が少なく、作っている会社も大規模では無いことが多いです。
そういう場合、専用のレンズまで作るのは大変ですから、可能であれば世の中に出回っているレンズで済ますことになります。
歴史のあるマウントでレンズの種類が豊富で、市場に出回っている数も多く、電子制御でなくても使えるという点でFマウントが選ばれるのでしょう。
計測用カメラの分野ではデファクトスタンダードになっていると聞きます。
[ 2008/05/31 10:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nyantonio.blog45.fc2.com/tb.php/380-924d19f2